ほうれい線を消す化粧品ランキング※本当に効果があるのは?

ほうれい線を消す化粧品ランキング効果は

ほうれい線は専門用語で鼻唇溝といいます。その字の通り、鼻から唇への溝です。これがあるだけで本来の年齢より老けて見られるという厄介なもの。実はシワではなく頬がたるんでできる境界線なのです。

 

一番の原因は加齢ですが、乾燥や紫外線、ストレスなども影響します。またビタミンCやコラーゲンが不足も要注意。ほうれい線を消すには、スキンケアによる乾燥防止と不足した潤い成分を補ってあげることが大切です。当サイトでは、そんなほうれい線を消す化粧品を厳選してランキングしてみました。ぜひ、ご覧ください。

 

アヤナスの特徴

アヤナスは、敏感肌専門の独自技術でほうれい線のない美肌を叶えてくれます。敏感肌は肌のバリア機能が弱いので、同年代よりもエイジングが進みやすい肌になっています。アヤナスは、ヴァイタサイクルヴェールで肌のバリア機能をUPし、敏感肌特有の肌ゆらぎをユウキエキスで整えます。さらにポーラ研究所オリジナル成分のCVアルギネートでハリと弾力をUP。アルコール・香料・紫外線吸収剤不使用なのも安心です。敏感肌でほうれい線ケアを迷っている方におすすめです。

価格 1,480円
評価 評価5
備考 乾燥肌・敏感肌

 

アスタリフトの特徴

アスタリフトは、アスタキサンチンのハリ肌パワーでほうれい線を消してくれます。CoQ10の1000倍のハリ肌パワーをもつアスタキサンチンを、独自技術によりナノ化して配合。トマトの美肌成分リコピンもナノ化して配合し、アスタキサンチンとともに美肌ケアを3倍にパワーUP。さらに3種のコラーゲンがみずみずしいハリ感を。ヒト型ナノセラミド配合で、潤いを抱える&留めるお肌に。ほうれい線ケアに安心を求める方におすすめです。

価格 1,000円
評価 評価4
備考 美肌ケアを3倍にパワーUP

 

ビーグレンの特徴

ビーグレンは、5ステップでほうれい線を気にならなくしてくれます。5ステップのたるみ・ほうれい線プログラムで、有効成分をしっかり角層の奥まで届けます。Step1肌の潤いを残しながら汚れを落とす。Step2ローションで整えます。Step3角層奥へ浸透する美容液でハリを育てます。Step4独自のピュアビタミンCで肌を引き締め内側から弾力を。Step5クリームで肌を支える力をサポート。ほうれい線専用をお探しの方におすすめです。

価格 1,800円
評価 評価3
備考 ほうれい線

 

ほうれい線対策、ベロを動かすエクササイズ

 

ほうれい線は顔の真ん中に出来てすごく目立つし、頬の重さから言っても深く掘られてしまうシワです。だから一度できれば気にせずにはいられなくて、できることなら作らないようにしたいものですね。

 

ほうれい線は口周り動かすエクササイズで改善することができます。
そこで、ベロを動かしてできるほうれい線対策に効果的なエクササイズをご紹介します!

 

■ベロのエクササイズでほうれい線対策
1、まず、口を閉じて、ベロで歯の表面をなぞります。
2、右から左に向かって、20回なそります。
3、今度は反対、左から右に向かって20回なぞります。

 

たったのこれだけ!簡単ですね。ベロを伸ばして左右に大きくうごかすことが口周りのエクササイズになるんです。これを1セット。1日3セット行ってください。

 

周りのエクササイズで、周りの筋肉が鍛えられます。にんにくが発達すれば、顔の脂肪を支えてたるみを作らず、ほうれい線になりにくいです。周りの筋肉だけではなくて、顎舌骨筋も鍛えられるので、あご下、つまり二重あごを予防する効果もあるんです。ほうれい線だけじゃなくて二重あご対策にもなるなんて、まさに一石二鳥ですよね!

 

ちなみに、顎舌骨筋を鍛える、ベロで上あごを20秒ぐらい押し上げるようにするエクササイズもあります。また、ベロを動かすこのエクササイズ、顔の歪みを直す効果もあります。顔の歪みが直ると、噛み合わせ、頭痛の解消にもなりますよ。

 

このエクササイズ、事前予防だけでなく、できてしまったほうれい線を薄くしてくれる効果も期待できます。ほうれい線なんて深くて目立つシワ、どうせ直しにくいでしょ・・・そんなふうに諦めないで、是非ベロを動かして口周りをエクササイズしてみてくださいね。ほうれい線があると、その人の年齢に関係なく顔が老けてるという印象を与えてしまいます。ほうれい線があると、本当の年齢よりも5歳も上に見えるとも言われています。

 

アナタのその寝方がほうれい線を作っているかも?

 

ほうれい線やシワは出来て欲しくないものですね。若々しいお肌でいられれば、それこそ本当の意味で「年齢なんて関係ない」と言えるのでしょうが。顔に刻まれるほうれい線は、頬がたるんでしまうのが大きな原因です。顔の筋肉が衰えて脂肪を支えられなくなり、垂れ下がってしまうのです。顔の肌は筋肉の状態によって健康が左右されるといっても過言ではないでしょう。

 

■寝方によってできてしまうほうれい線
人が眠っているとき、筋肉はゆるんだ状態になっていることが多いです。筋肉がゆるんでいると、日中は支えられていた脂肪や皮膚の張り詰めた感じがなくなって、下の方に流れやすくなります。

 

仰向けで眠っていれば背中側(顔の外側)に向かって、うつ伏せでは胸側、横向きの場合は側面側に流れますね。若ければ肌の修正力は早いので、流れてしまってもすぐに戻ります。でも、年齢を重ねると、傷や骨折が治りにくくなるのと同じで、皮膚が戻るのも遅くなります。

 

流れた皮膚はその方向に向かってたるんでしまうというわけです。想像したら、なんだか怖いですよね・・・特にうつ伏せと横向きの寝方は、内側や側面によく影響が出てほうれい線が濃くなるとされています。うつ伏せで寝ることが多いアナタ、ほうれい線が気になり出していませんか?左右のどちらか一方で寝ることが多いアナタは、もしかしたら同じ方ののほうれい線のが濃くなってきてはいませんか?

 

寝方によってもたるみが起きますが、加齢や外からの刺激によってお肌はダメージを受けて徐々にシワができやすくなります。シワを予防するためにはコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸が大きく関わってきます。特にコラーゲンはお肌の失われたハリを回復させるので、コラーゲン配合のコスメやサプリメント、ドリンクなどで補給することを考えたいところ。

 

また、美顔器やローラーで筋肉を刺激したり、微細な電気で筋肉を鍛えられるものも、お肌や筋肉を活性化してたるみを引き締めるので効果的です。

 

一日の終わりは、何も考えずリラックスして眠りたい。でも、寝方ひとつでシワのでき方が決まってしまうというのも恐ろしいものです・・・できることならうつ伏せや横向きで寝るくせを直しましょう。そして、年々私たちの体内で減少するコラーゲンやヒアルロン酸を補給して、お肌のハリをいたわってあげるようにしましょう。

 

化粧水を有効活用してほうれい線対策をしましょう

 

顔に目立つほうれい線ができてしまったら、有効成分が豊富な高額な美容液を用意しなければならないとか、エステに通って施術を受けなければと考える方も多いですね。けれどもほうれい線対策の一番の基本は、スキンケアで、特に化粧水による潤いプラスはとても大事ですよ。化粧水で潤いをプラスして、さらにお肌の引き締めもできると最高です。

 

しかしながら化粧水は毎回たっぷり使用することがポイントなので、高額すぎる化粧水を購入してしまうと勿体なく感じてケチってしまいますよね。そうなると化粧水の本領が発揮されませんので、自分の予算内で購入できる化粧水を選ぶことが重要ですよ。

 

お肌が乾燥することでほうれい線はさらに酷くなっていきますので、毎回のスキンケアで化粧水をたっぷり使ったケアをしていかなければなりません。入浴後や洗顔後というのは皮脂が現れていて不足しており、どんどんお肌が乾燥していくものなので、洗顔後や入浴後はすぐに化粧水をつけてしっかりパッティングしましょう。

 

入浴後体の水分を拭かずにというのは大げさですが、入浴後・洗顔後5分以内ほどがベストでしょう。化粧水を付ける時にコットンは不要です。逆に手の温度で化粧水をゆっくりなじませていくのが良いと言われていますよ。

 

歳を重ねていくとほうれい線が深くなっていきますが、コットンによる摩擦や刺激もほうれい線に影響を与えますから、素手で優しく化粧水を塗ってあげましょう。

 

 

更新履歴